遺産分割協議 その@

 

遺産分割協議とは

 故人が亡くなったあと、遺産分割協議が終わるまでは遺産は相続人全員の共有状態になっています。遺産分割協議は、誰が、何を、どのように分けるのかを決めるための協議で、その共有状態を解消する手続きです。相続人の「全員参加」「全員合意」が必要となります。

 

 遺産分割協議は必ず行わなければならないという手続きではありませんが、共有の状態では、処分の際に他の共有者全員の同意が必要になるなど、不都合が生じます。
 また、相続人間で「言った言わない」の紛争になる可能性もありますので、分割するべき財産があるのであれば遺産分割協議を行い、協議結果を遺産分割協議書として残しておいたほうがトラブルを防ぐことに繋がります。
 なお、不動産を相続する場合、登記のときに遺産分割協議書の添付を求められます。

 

 遺産分割協議には次の3つの段階があります。

〔第1段階〕 相続人の確定      
〔第2段階〕 財産目録の作成     
〔第3段階〕 遺産分割協議書の作成

 

 行政書士は第3段階以降、以下の業務は行うことができません
  • 相続登記に関すること   → 司法書士の業務
  • 相続税の申告に関すること → 税理士の業務
  • 相続に関する紛争の解決  → 弁護士の業務
  • ※これらの業務が発生する場合、それぞれの士業の先生に繋がせていただきます。

     

    相続人の確定

     亡くなった方の出生から死亡までのすべての「戸籍」を集める必要があります。
     「養子縁組」をしていたり「隠し子」がいないかなどの確認。
     前婚があり、前の配偶者との間に実子がいれば相続人となります。

     

     亡くなった方の本籍地がわからない場合、まず最後の住民登録地の役場で「本籍地入りの住民票」を交付してもらいましょう。本籍地がわかったら本籍地の役場で「現在戸籍」を取り、戸籍の遡りがスタートします。(戸籍は郵送で請求することもできます)

     

    相続の順位

  • 「配偶者」は必ず相続人になります
  • 第1順位は「子」
  • 第2順位は「親」
  • 第3順位は「兄弟」
  • 先順位がいる場合、後順位は相続人になれません

     

    Q1 この家族で本人が死亡してしまった場合、相続人になるのは誰でしょうか?

    A1 妻と長男、長女の3人になります。
    →配偶者と第1順位の子が相続人になります。第1順位がいるので第2順位の父母、第3順位の弟は相続人になれません

     

    法定相続分

  • 相続人が配偶者と子の場合
  •    配偶者1/2、子(全員で)1/2

  • 相続人が配偶者と直系尊属(父母)の場合
  •    配偶者2/3、直系尊属(全員で)1/3

  • 相続人が配偶者と兄弟の場合
  •    配偶者3/4、兄弟(全員で)1/4

     

    Q2 ではこの家族で本人が死亡してしまった場合、法定相続分はどのような配分になるでしょうか?

    A1 妻が1/2、長男と長女が1/4ずつになります。
    →もし子供がいない場合は、妻が2/3、父と母が1/6ずつになり、父母もいない場合、妻が3/4、弟が1/4となります