公正証書遺言書 その@

 

公正証書遺言書とは

 証人2名の立ち合いのもと、遺言者が遺言の主旨を口述し、内容を公証人が筆記し、遺言者と証人が承認したうえで、全員が署名、押印して作成した遺言書です。

 

公正証書遺言書のメリット
  • 遺言書の原本は公証役場に保管されるので、偽造や廃棄される恐れがない
  • 裁判所の検認の必要がない
  •  

    公正証書遺言書のデメリット
  • 費用がかかる
  • 手間がかかる
  •  

    公正証書遺言の費用

    公証役場での手続きの際にかかる費用 (公証人手数料令第9条別表)

    遺言書に書く各相続人の財産の合計額 手数料

    100万円まで

    5,000円

    200万円まで

    7,000円

    500万円まで

    11,000円

    1,000万円まで

    17,000円

    3,000万円まで

    23,000円

    5,000万円まで

    29,000円

    1億円まで

    43,000円

    ※財産の総額が1億円未満の場合は、11,000円が加算されます。(遺言加算)

     

    (例)
    遺言書で妻に2,000万円、長女に1,000万円相続させる遺言書を書いた場合の作成手数料は
    →23,000円(妻分)+17,000円(長女分)+11,000円(総額1億円未満の遺言加算)=51,000円

     

    証人(2名)の依頼料 
     1名10,000円程度
    ※ご自身で証人を用意する場合はかかりませんが、遺言で財産を譲り受ける人、その配偶者、その直系血族などは証人になれません。

     

    専門家への手数料
     行政書士などの専門家への手続きの相談、公正証書遺言書の起案および作成の手数料として別途5万円〜10万円の費用がかかります。(内容や依頼する専門職によって変わります)