坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町の相続、遺言、成年後見制度の利用に関する相談を承ります。

遺言書 そのA

 
こんな方は遺言書を残しましょう

遺言書を残しておいたほうがよいと思われる方

  1. 相続財産がほぼ確定している方
  2. 子供のいない夫婦
  3. 離婚、再婚し、前の配偶者との間に子がいる方
  4. 内縁の夫や妻がいる方
  5. 重い病気や障害を持つ相続人がいる方
  6. 折り合いの悪い相続人がいる方

 

 1.は残されたご家族が遺産分割協議をやらなくて済むように、また相続人間で揉める可能性を少なくするために作成しておきましょう。

 

 2.のお子さんのいないご夫婦は、お互いにたすき掛けで全財産を相続させるといいかもしれません。
 なぜなら、疎遠になっている兄弟姉妹がいる場合、その人たちも法定相続人として1/4の相続する権利を有しているからです。

 

 3.は再婚された方で、前の配偶者との間に実子がいる場合、その子は相続人になりますので、今のご家族との間で揉めてしまう可能性があります。

 

 4.は内縁関係では相続する権利を有していませんので、遺言書で内縁の夫や妻にきちんと相続分を指定してあげましょう。

 

 5.は重い病気の方や障害者が相続人にいる場合で、法定相続分よりも多くの財産をその方に残してあげたいときは、遺言書でその旨を指定することができます。

 

 6.の折り合いの悪い相続人に財産を残したくない場合、財産を相続させない旨の意思表示を遺言によって行うことができます。ただしこの場合は「遺言執行者」を必ず選任し、その執行者が被相続人の死後に遺言執行者が家庭裁判所に排除請求を行うことになります。

 

主な遺言書の種類は以下の3種類です。

 

  • 自筆証書遺言書
  • 公正証書遺言書
  • 秘密証書遺言書
  •  

    秘密証書遺言について

     

    公証人と証人2名の立ち合いのもと、公証役場で作成されます。

     

  • 遺言者が遺言書に署名押印する。
  • その遺言書を封じ押印した印鑑で封印。
  • 公証人1名と証人2名に封書を提出、自己の遺言書であることを申述する。
  • 公証人が日付と申述を記載、遺言者、証人も署名押印する。
  •  

     秘密が保て、偽造・変造の恐れはありませんが、保管は公証役場が行わず、自身の管理となるので紛失や未発見のリスクがあります。

     

     秘密証書遺言書は遺言書の内容をできる限り秘密にしたい場合に用いられる手法ですが、実務上はあまり使われていないのが現状のようです。

     

     

     

     

     
    トップへ戻る