坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町の相続、遺言、成年後見制度の利用に関する相談を承ります。

公正証書遺言書 そのA

 
公正証書遺言書作成の流れ

 

公証役場での作成に際し用意する書類
  • 遺言者本人の確認資料として、実印、印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)、公的機関が発行した顔写真付きの証明(運転免許証、パスポート、住基カードなど)
  • 遺言者と相続人全員の続柄がわかる戸籍謄本
  • 財産を相続人以外の方に遺贈する場合、その方の住民票
  • 遺産に不動産が含まれる場合、登記事項証明書または固定資産税評価証明書など
  • 証人をご自身で用意する場合、その方の氏名、生年月日、住所、職業がわかる確認資料
  • 遺言執行者の氏名、生年月日、住所、職業がわかる確認資料(上記相続人や受遺者が遺言執行者になる場合は不要)
  •  

     作成が終了すると、公証役場から「正本」と「謄本」が交付されます。(原本は公証役場で保管)
     遺言者が「謄本」を、遺言者が死亡したことをすぐに知るべき立場の遺言執行者が「正本」を保管するようにしましょう。

     

     初動段階での手間と費用がかかりますが、遺された方が裁判所の検認手続きをする必要がないこと、相続手続きにがすぐに開始できること、社会的信用があることなどから、現行の制度において公正証書遺言書の作成は、死後の備えとしては後顧の憂いのない「最強の備え」と考えられます

     

     

     

     

     

     
    トップへ戻る