尊厳死宣言書

 

尊厳死とは

 尊厳死とは、回復の見込みがない病におかされ、長期間にわたって植物状態が続く場合等に、生命維持装置などによる人為的な延命措置を取りやめ、人間として尊厳を保った自然な死を迎えることをいいます。

 

尊厳死宣言書について

 本人が自らの意思で延命措置を中止し、「尊厳死を望む」という考えを医療関係者及び家族等に「意思表示する書面」になります。書き方に特に決まりはありませんが、個人が「尊厳死宣言書」を作成して署名押印しておく方法と、尊厳死宣言を希望する人が公証人の面前でその宣言内容を話し、これを公証人が録取し、その結果を「公正証書」として作成する方法があります。

 

作成しておかないと

 延命治療の継続について、ご家族が判断しなければならず、本人のために最善の選択なのだろうかと思い悩むことになってしまいます。場合によっては自責の念にかられ、長い時間苦しむことになってしまうかもしれません。

 

作成にあたって

 医師の延命治療を行わないという判断により、人が一人亡くなることから責任は重大です。尊厳死に反対する遺族からの訴訟の危険性もあるため、本人の確かな意思であったという事実を公正証書で残しておくほうがよいと思われます

 

尊厳死宣言書の案文をお作りします。当事務所までご相談ください。